ラン用品

AirPods Proをランニング用に購入|実際に使ってみた感想

AirPods Proをランニング用に購入しました。実際にランニングに使ってみてどうだったかをレビューしたいと思います。

ランニング時にイヤホンに求める性能

これまでランニング用に色々なイヤホンを使ってきて自分なりに判断ポイントが分かってきました。そのポイントとは、

  • 周りの音がある程度聴こえるか?
  • 足音や息の音が響かないか?
  • 接続は安定しているか?
  • 汗に対して強いか?

の4つです。それをクリアするイヤホンとしてこれまでは無印のAirPodsを使っていました。無印AirPodsは防水仕様とは謳っていないため汗に対しては不安があったのですが、汗が入り込んで音がこもることも無いし、ポケットに突っ込んだまま洗濯したことも2回ありましたが、それでも大丈夫。なかなか頼もしいやつでした。

そんなAirPodsでも少しだけ気になることが。それが遮音性の低さ。周りの音がよく聴こえるのでランニング向きなのですが、交通量の多い幹線道路の歩道なんかを走ると音楽があまり聴こえなくなってしまいます。

無印AirpodsとAirPods Proとの比較。全長が短くなっています。

こちらは充電ケースの大きさの比較。ほぼ同じかやや大きいくらいです。

そこで今回ノイズキャンセリングと外音取り込み機能に定評があるAirPods Proを購入してみて、どの程度ランニングに使えそうか試してみることにしました。

AirPods Proをランニングに試してみた結果

結論から言うと、最高でした。ノイズキャンセリング機能と絶妙なフィット感でランニングにぴったりでした。

いっぽう外音取り込みの聴こえ方は非常に自然で驚きましたが、交通量の多い場所だと周りの音が多少うるさい感じになります。これだとAirpodsを使っているときと大差ないので、この機能はランニング時には使っていません。では周りの音が聴こえないのでは?と思われるかもしれませんがそうでもありませんでした。

周りの音は聴こえるか?

AirPods Proのノイズキャンセリング機能は素晴らしくて、耳につけた瞬間にスッと周りの音が静かになります。ノイズキャンセリングのレベルとしては普段使っていたSonyのWH-1000XM2ほどの静寂とは言わないものの、高いレベルであることは間違いないです。また自然な静けさで圧迫感などもなく非常に心地良いです。

WH-1000XM2。遮音性と音質は抜群だけど夏は暑い。そしてもちろんランニングには使えない。

イヤーピースはS/M/Lが付属しているのでピッタリ密着するものがみつかります(私はL)。

付属品はこれだけ。本体・充電ケース・交換用イヤーピース・Lightning-USB3ケーブル・説明書。

交換用のイヤーピース。S/Lが付属。Mは本体に装着済み。(写真はMとLを交換後なのでS/Mが写ってます)

走るときに静かすぎると当然危険です。ただAirPods Proはイヤーピースの密着感が普通のカナル型よりは弱いので、走ると振動で密着状態からやや隙間が発生したような状態になりますこの状態がなかなかランニングにはピッタリなのです。ノイズキャンセリングで音楽は音量を上げなくてもしっかり聴き取ることができつつ、隙間があるので外の音もある程度入ってくると言う絶妙な音量バランスになります。これを狙ってやったとしたらアップル恐るべし。

この状態から外音取り込みをONにすると、交通量の多い道路とかだと少し騒がしい。ONにしなくても外の音がある程度聴こえるので個人的には無くてもランニング時は問題無い気がします。もし外音取り込みをONにするなら普通のAirpodsを使っても大差ないかと思います。

走っているときは密着が取れて周りの音が少しだけ聴こえるようになる一方で、電車に乗っているような動かないような時は、イヤーピースがしっかりと密着するので外の音をシャットアウトしてくれます。

このイヤーピースの絶妙な密着感がAirPods Proの凄いところですね。

足音や息の音は響かないか?

カナル型のイヤホンでありがちなのが、走っている自分の足音や息の音が頭の中に響いて気持ち悪くなること。

AirPods Proに関しては上で書いたように、走っている時はイヤーピースの密着が弱くなるので全く響かないです

信号待ちとかで耳に押し込み直したりした時は、息の音が若干聴こえますが、走っているうちに例の絶妙な密着レベルに戻って、聴こえなくなります。

ただしっかり密着させていても足音が響かないので、この辺りはAppleの設計が上手いんでしょうね。

と言うわけで、この点に関しても大合格です。

接続は安定しているか?

AirPods ProとAndroidのスマホを接続して、ウエストベルトもしくはポケットに入れて走っていますが、接続が不安定になったことはありません

ちなみに通勤で電車を使った時(いつもは自転車通勤ですが、雨天時は電車なのです)にも使用していますが、接続がブチブチ切れるようなことはありません。

汗に強いか?

これに関してはまだ使い始めたばかりなので分からないですね。ただ少なくとも、雨が降る中で走ったり、暑い日に汗だくになって走っても問題無いです。この夏の期間使ってみて改めて追記したいと思います。

通勤や仕事中にも大活躍

ランニング用として購入したAirPods Proですが、通勤や仕事にも大活躍です。

雨の日は自転車ではなく電車通勤です。これまではSonyのWH-1000XM2を使っていたのですが、冬はいいとして夏は暑すぎる!かなりしっかりと耳全体を覆うものなので遮音性はいいけど、夏は耳が汗でびっしょりに。それがAirPods Proだとノイズキャンセリング性能はほとんど同等なのに涼しい!夏の電車通勤には欠かせないです。

また仕事中に集中して作業するときの耳栓代わりにもぴったり。耳栓と違い耳に入れていてもそれほど違和感が無いので、着けているのを忘れるくらいです。これまで耳栓を使っていた人にはこの自然な着け心地(と静粛性)を味わって欲しいですね。

まとめ

ランニング用に思い切ってAirPods Proを購入しました。今までのイヤホンで感じていた不満点をことごとくクリアしてくれて大満足。購入して正解でした。これから走行距離が伸びること間違い無し?です。

ABOUT ME
Taku
会社員(エンジニア)。趣味はランニング。最近は自転車にも乗るようになっています。 体力をつけるために2016年8月から走り始めました。それまで運動経験はなく、走るだけで体調を崩すような状態でした。走り続けることで体力がついてすっかり健康に。ランニングの楽しさを知り継続して走り続きています。現在のフルマラソンベストは3時間38分。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です