自転車用品

ロードバイクの股間の痺れ対策:ISMサドルPN1.1レビュー

今回は少々デリケートな話になります。

ロードバイクには昔から乗っているのですが、乗る時間が長くなったり前傾姿勢を取ったりすると股間に痺れを感じることがよくありました。

この痺れロードレース解説でもおなじみの栗村修さんの輪生相談でも取り上げられていますね(この回答)。そのなかで、栗村さんの次のような体験が紹介されています。

僕も選手時代、陰部がシビレをきらすので困った経験がずいぶんあります。

本当にしびれちゃうんですよ。触っても「存在しない」感じなんです。

これ、まさに私も同じ。本当に、そこに何もない感じです。

自転車をしばらく漕いだ後に、立ち止まったりしてサドルから離れると下半身に血液がジワーっとめぐるのがよく分かります。そしてしばらくしびれたような感触が残ります。

完全に血流が不足しているとしか思えません。

特にローラー台の練習では体重移動がほとんどないわめか、すぐに痺れてしまって困っていました。

同じような症状に悩むサイクリストは多いようで、さまざまなブログで情報収集しましたが、どうやらISMのサドルがよさそうなことが分かりました。

いろいろなシリーズがあるみたいですが、私は値段が手ごろなPN1.1というサドルを購入。トライアスロン向けで、ややクッション性の高いモデル、という位置づけのようです。ISMのサドルの中ではやや細身なスタイリングにもひかれました。

PN1.1のレビュー

外観

以前使用していたセライタリアのサドルに比べるとやや厚ぼったく、また全体的に太いです。

一番の特徴が、サドルの先端が二つに分かれて切り落とされたようになっている構造。これがISMサドルの特徴です。

この構造によって会陰部への圧迫をなくして血流量を確保する狙いです。

ひとことでいってかっこ悪いサドルですが、バイクにセッティングしてみると意外と目立たず、割と自然な感じでした。前のサドルがボロボロだったので、むしろ見た目はかっこよく感じるくらいです。

痺れへの効果

特徴的な構造ですので、セットアップに関しては公式Webのセットアップガイドに従いました。

前後ポジション

ISM独自のサドル構造は通常のサドルから先端部をバッサリと落としたものになっています。したがって通常のサドルでセッティングしたサドル先端位置と比べて、ISMサドルの先端位置は5~8cm程度後退させます。乗った時に、サドルの後ろの部分が身体から2.5~8cmくらい見える状態が目安です。

サドルの高さ

ISM構造ではサドルに乗る部部が会陰部ではなく座骨部になります。したがってサドルの高さとしては5mmくらい低くセッティングしましょう。

サドルの角度

地面と平行~2度の前傾の範囲でセッティングします。過剰な前傾は望ましくありません。

このガイド通り(角度はまずは平行にしてみました)にセッティングして座ってみると…

ぜんぜん圧迫感がありません!

まるで何も触っていないかのような、とても不思議な感覚です。

そのままローラー台を40分くらい回してみましたが、股間の痺れはまったくありません。痺れ対策としては効果は完璧でした。

そのまま2ヵ月ほどトレーニングで使用していますが、痺れの気配すら感じたことがありません。

1万円ちょっとで試すことができるので、股間の痺れに悩んでいる方は一度お試しあれ。

また使用しているローラー台はミノウラのLR341です。マンション住まいにも嬉しい静音性と優れたコストパフォーマンスを持つ固定ローラー台。

下記の記事で詳しくレビューを書いていますので、合わせて参考にしてみてください。

ABOUT ME
Taku
運動経験無し元帰宅部のエンジニア。体力をつけるために2016年8月から走り始めました。走るだけで体調を崩すような状態から走り続けて現在のフルマラソンベストは3時間39分。今シーズンは5km19分台を目指してトレーニング中です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です