健康・生活

新型コロナ感染からの回復とランニングの再開

8月末に子供経由で新型コロナに感染しました。症状自体はそれほど重くは無かったのですが倦怠感が強く残って、ランニング再開して満足にトレーニングできるようになるまでにはかなり時間がかかりました(本格再開まで3週間くらい)。

既に巷にコロナ体験記的なものがあふれていて、いまさら書いてもしょうがないかなという気もしますが、別にそこに一つ増えたところで害は無いし、ランナー・トライアスリート目線でどうだったかを書いておくのも少しは役に立つかなと思い、書いてみます。

感染まで

上の子供経由で家族全員が感染しました。上の子が発症した4日後、私が家族で最後に発症しました。

経過

1日目

朝起きると強烈にだるくて軽く寒気とのどの痛み。熱を測ってみたら38.6℃。感染しちゃったなと瞬時に分かりました。休日だったので、どの発熱外来もいっぱいで、明日以降に受診すればいいやとこの日は一日横になっていました。結局、体温は一日中38℃台でした。

2日目

この日も朝から38℃台の熱。倦怠感とのどの痛みも強い。発熱にともなう頭痛も。唾を飲み込むのがつらい。けど、食べたり飲んだりは問題無くできる範囲。

過去に一回だけ受診したことがある近所のクリニックがかかりつけ患者限定で発熱外来やっているみたいだったので、電話して受診。PCR検査を受けることになりました。結果は明日。

薬で咳止めと鎮痛剤でロキソプロフェンを処方されました。

ロキソプロフェンが割と自分には効果があって、熱が37℃前半まで下がって、頭痛も無くなって見かけ上は元気になりました。これでずいぶん楽に過ごせました。

3日目

PCR検査陽性の連絡。会社にもその旨連絡。保健所からも連絡があって発症後10日目まで療養との指示を受けました。

午前中までは熱も37℃前半に下がっていたけど、夕方にかけて再び38℃台まで上昇。倦怠感とのどの痛みが強い。

4日目/5日目/6日目

熱は37℃前後。倦怠感も和らいで、だいぶん元気に。のどの痛みもピークを越えた感じ。

7日目

熱は36℃後半。倦怠感はかなり良くなって、のどの痛みも唾を飲み込んでもほとんどないくらいに。

個人的にはかなり回復したと感じていたので、ローラー台で30分だけかなり低い強度で運動を再開。これが裏目に…。

8日目

朝からひどい倦怠感。熱はそれほど高くはないけど37℃台前半でいつもよりは高め。のどの痛みとかは特にないけど、とにかく倦怠感がひどい。立ち上がる気力が湧かない感じ。とりあえず1日中寝る羽目に。

9日目/10日目/11日目

熱は平熱に回復。倦怠感もひどくはないけど軽くある感じ。運動は怖いので安静に。

12日目

仕事に復帰。いつもは自転車通勤だけど、無理せず電車で。軽い倦怠感とふらつく感じ有り。ただちゃんと一日仕事できたので、明日以降は徐々にトレーニングとかも再開できるかなと前向きな気持ちに。

13日目

朝起きるとひどい倦怠感アゲイン。会社に連絡して在宅勤務に変更してもらうことに。午前中は何とか仕事していたけど、午後はもう座っているのもつらくなったので午後は休みにしてもらうことに。

少し無理をすると、何倍もの倦怠感で返ってくることに恐怖を感じました。

14日目

倦怠感とふらつきがやや残っている感じ。無理せずに一日安静にして過ごす。

15日目

倦怠感とふらつきはかなり収まってきた。ただまだ走ったりするのは無理そうな感じ。元気いっぱいの子供と一緒にプールへ。私は泳がずに水につかっているだけだったけど、かなりの疲労感。まだまだ回復には遠いことを改めて実感。

16日目/17日目

会社への自転車通勤で運動を再開。夕方になるとかなり疲れを感じる。それと軽いふらつき感もまだある感じ。咳と痰はこのあたりでほぼ無くなりました。

18日目

この日は在宅勤務だったので、朝のランニングを再開。6.5kmほど走りました。キロ7分弱くらいのスロージョグ。暑さのせいもあったのかもしれませんが、このペースでも後半は心拍数も上がってかなりしんどい感じ。最後に流しを3本入れたら完全にバテてしまいました。まだまだ回復には遠そう。

19日目

会社へ自転車通勤。昨日のランニングの疲れがかなり残っている。

20日目

この日も在宅勤務。朝にランニング。18日目と同じく6.5kmと流し3本。ペースもキロ7分弱。やっぱり後半に向けて心拍数が上がって苦しい。。。それでもランニング後の疲労感は18日目よりはましな感じ。少しずつだけど回復しつつあることを実感しました。

21日目

休息日。倦怠感はほとんど感じなくなってきた。

22日目

朝にランニング。8.2km。最後に流しを3本。ペースはキロ6分半くらい。遅いペースとはいえ、終始気持ちよく走ることができて感動。走り終わった後も久しぶりに爽快感を得ることができました。

その後、子供とプールに行って、久しぶりに泳ぐこともできました。600mくらいだったけど、心地よい疲労感を感じることができて、めちゃくちゃうれしかったです。

というわけで、コロナ発症後から回復してランニングに本格復帰するまでは大体3週間ほどかかりました。

まだ完全に回復しきって無いうちに無理に運動すると、酷い倦怠感となって帰ってくるし、回復も遅らせるので感染した方は、ゆっくり休むのをお勧めします。

トレーニング期間にはかなりの穴が開くので、できれば感染しないのがベストですね。

その他

ガーミンのボディーバッテリーを体調の指標としているのですが、コロナ発症以降、100に回復しませんでした。寝ても寝ても、質が悪いのかほとんど数字が回復しないんですよね。結局、100になったのはコロナ発症から25日後のことでした。

今は1ヶ月たっていますが、睡眠時間はまだ長くとらないと疲れが抜けない感じです。走力もかなり落ちてしまっているので、いちからやり直すつもりで気持ちを入れ替えてトレーニングしていこうと思います。

ABOUT ME
Taku
会社員(エンジニア)。仕事も趣味も楽しく!をモットーに生きています。2022年の目標はトライアスロンデビュー(⇒6月に達成!)と中国語のHSK6級合格! 体力をつけるために2016年8月からランニング始めました。それまで運動経験はなく、走るだけで体調を崩すような状態。そこから走り続けることで体力がついてすっかり健康に。現在のフルマラソンベストは3時間38分。2022年にトライアスロン完走。中国語の勉強も2021年から始めて中検3級とHSK4級合格。